水色のなかま

このブログはフィクションです。物語の設定は主人公の紹介をご覧ください。

異次元の生き物たち

人間として生きる補助の魂粒子をなくして相談に来た生き物

正樹さん、聞いてください。 私たちは、もう生きられません。今までいただいていた魂の生気が切れて、もう運動も知性も働かすことができなくなっています。ここでの暮らしに支障があり、そのことご報告させていただきます。何とかできないでしょうか。 (旧…

第2章 始まり ワンネスのなかまとともに

(今日は、いつにもまして力がみなぎっていて、喜ばしい限りです。 昨日は、花壇の手入れをして、少々の力仕事もこなせて、食事作りも動物の世話も、至極楽しく行うことができた。肉体的な元気は、精神も健康にしてくれる。 半面、強くなった僕は、前のやさ…

自分の居場所

(昨日は、夜中1時頃から眠れなくて。・・というのも、犬が鳴いちゃってずっとついてたからなんだけど、意外にも朝は元気に過ごせていて、散歩もゴミ出しも朝食作りも、朝の仕事はほぼできた。 本当、最近は体力があって元気なんだよね。今まで思い込んでい…

自分を守るということ

(今日はまた、いろんな存在が、僕に憑りついているようで、または、僕の魂粒子を返しに来たついでにくっついているのかもしてないけど、いろいろな思考が頭をめぐって、頭が重いのと体が窮屈です。・・って、なんの話だか。笑) (なんとかして出てもらえな…

これからの日本

いろいろな考え方はあるが、今日は、俺から、これからの日本について述べようと思う。 (・・またおまえか。) 偉そうなのは性質であり特徴だからすまない。 (・・あれ?昨日のブルーじゃないな?) 似ているからよく間違えられる。俺は、ブルーより実直だ…

取り除かれていた自分の魂が戻ること

自分に自信を持ててきたようだな。 (自信、というか、昨晩からもだいぶ魂の粒子が戻されていたみたいで、今朝は雑音もまり聞こえず気分がいいです。 ちなみに、昨日も誰だか分からない存在が僕の魂を持って僕に入ってきて、やりたくないことを強要してきた…

異次元の存在の可視・可聴

(今日は、昨日より幾分楽ですけどね。) (自分の中に異質なものが入り込んでいるときは、たとえ自分の魂が戻ってきているにしても、頭がぼーっとして、今さっきの記憶がトリップし、寝ぼけているみたいな感じになって、とてもじゃないけど家族以外の人には…

人々の内的変化と自然現象

昨日は大変だったな、おかしなものに憑りつかれて。 (昨日は、おかしなものが自分の中に入っていて、・・) それは、我ら赤の軍団、光と闇の間に住まい、お互い甘い汁を吸うために存在するそんな我らを、欲で生き理想がないと言って忌み嫌う者もいる、光と…