水色のなかま

このブログはフィクションです。物語の設定は主人公の紹介をご覧ください。

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑯地の輪の神の言葉、この先は「みんな違ってみんないい」

今日は、29日土曜日。今月は、現実で色々なことがあった。 5月の末は、異次元存在からネガティブを与えられた作用だったとはいえ、仕事でミスが立て続いた。6月に入り、仕事中、ミスをしないようにしなきゃと思いすぎて、強いプレッシャーを感じて耐えられな…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ 15地球の異次元組織の上役との会話、みんな幸せになると思う僕

僕は、こう思う、地球のアセンションが進むごとに、この先、人間を含めあらゆる存在が、他者に貸していた魂を取り戻したり、借りていた魂を返したりして、そのままの自分となって、みんな幸せになっていくって。 そのままの自分になってこそ、本来の自分の居…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑭僕の家族の行く末、引きこもりの我が子と僕の連動

ここへきて、あれ?、という違和感が僕を包む。 これまでは、あらゆる方法で(背中の魂を介したつながりから、または僕の頭から天の意思を差し込んだりして、)僕の思考に、僕のでない気持ちや考えを差し入れられ、その気持ちが、僕自身の本意だと思わされて…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑬ネガティブよ、さようなら

僕は、本当は、あまり何にもこだわり・悩みもない、気楽な性格だと思うんですよ。 でも、なぜかネガティブに取り憑かれる、そうなるとすごくネガティブ思考になりミスもするし、皆さんにご心配やご迷惑をおかけする、それが結構つらい、申し訳ないし、嫌だな…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑫胸の痛みと背中の穴のわけ

今日は、18日、大雨で会社が休みになった。 先週は、異次元の作用もあって、現実の会社でミスを連発、思い詰めた末、僕はやめた方がいのではないでしょうか、と先輩や上司に相談して涙し、醜態をさらしてしまったが、その後、会社のみなさんや直属の上司が…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑪先週から今日にかけて不浄と関り疲れたのでとりあえずの記録

昨日、土曜日15日にブログ↓ を書いた後、 mizuirononaka.hatenadiary.jp 僕は立て続けに多くの存在と言葉を交わし、記録したが、そのたびに、痛かった胸の中心と背中の真ん中にあった痛みが、少しずつ楽になっていったのでホッとした。しかし、以前に、異…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑩現実はつらいが、大きな幸せもあった

今週は、現実で仕事に通ううち、気持ち的にすごくつらくなってしまい、前回のブログにて、魂の父の言う通りにしなかった自分のことを早々に悔いた。 異次元では、魂の父は僕の自由を許してくれたし、前回のブログで瀬織津姫が、僕を理解しそのままでいいと寄…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑨前回の続き、魂の父へ

一夜明けて6月9日、前回の続きなのですが、 (前回のブログ↓) mizuirononaka.hatenadiary.jp 僕の魂の父、という異次元の方とこの頃話してはいるのですが、それが本当だとして、前回のブログの内容を受けて父ちゃんに言いたいんです、息子を信じてくれと…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑧見えない猫の存在感と現実を生きること

昨日、6月7日、現実で、とても不思議な出来事がありました。 事の発端は6月6日に、二代目の愛犬を連れて散歩中、ある子連れのお母さんから「可愛い〜!何犬ですか?」と話しかけられて、愛犬を撫でてもらい、凄く可愛がってもらいました。愛犬も、珍しく…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑦顕在意識では自分の道が分からなくても

まずは、僕の最近の出来事をご説明いたします。 5月25日、体調の悪かった妻の代わりに家族を乗せ車で遠出し、今までにない運転能力を発揮でき、自分に自信がついた。それと、子供らに、一度は連れて行ってあげたいと思っていたテーマパークで遊ばせてあげ…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑥歯痛のすえ、素に戻った僕が思うこと

今日は、5月24日、歯は相変わらず痛い。 (前回の記事↓) mizuirononaka.hatenadiary.jp 5月22日に歯科検診に行ったところ、神経が腐っていたため、被せ物をとって神経を取る治療をしてもらい、抗生物質と痛み止めを飲んでいる。しかし、痛み止めがあ…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ⑤菊理姫との会話と掘り出されて元の持ち主へ帰る負の遺産の話

※前回のつづきです。前回と同じく、5月19日に記録したもの。 (前回のブログ↓) mizuirononaka.hatenadiary.jp ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 歯の痛みの部分から、菊理姫の声が聞こえてきた。(先日は母だったけど) (※僕は、これまでの経験から、…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ④異次元組織の一員(ある神?)と話す

では、話そうか。 今日も話があるみたいだから。 ?)昨日の言葉を受けて、話そうと思う。 (前回のブログ↓) mizuirononaka.hatenadiary.jp ?)異次元は、そりゃ人間にとっては、現実世界を生きる民にとっては難しかろう。姿が見えない声に、神と思い全能…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ③人間にとって異次元の神々の存在は幸?、それとも不幸?

この一週間、現実の仕事が充実していた。 仕事でのミスは、2回もあった。僕は、この今の仕事も、やればできるが有能ではなく、先輩に何度も助けてもらって数をこなせている感じ、先輩に感謝し、上司に謝罪やお礼などその都度伝えながら取り組んでいて、気づ…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ②父からのメッセージと自分らしく生きること

一週間、現実で家庭生活や仕事に取り組み、あまり異次元を見ないようにしていた。 異次元的な出来事はどうしても起こってくるのだが、できたらそういうの無しで暮らしたい気持ち。現実の仕事では、少しずつの進歩はあるが、家族にも職場の方にも恵まれている…

第14章 既存の組織から出て本当の自分へ ①父からのメッセージとこれからの菊理姫

5月5日メッセージ ~~~~~~~~~~~~~ 今から言うことを書いてもらいたい。 正樹は、前々回のブログにある通り、異次元における地球深部にあった、大昔に、瀬織津姫が、天の存在(神々)のいらない部分(穢れ)を集めた者、菊理姫を救ったことを起源…